はじめに:Global Moralとは

『道徳』
日本の小学校を卒業した方なら履修したことがあるのではないでしょうか?

私たち人類には今『Global Moral=地球人としての道徳』が求められています。

国や人種・宗教、歴史・経済といった、人々を意味なく分け隔てるものからの解放。
それが『Global Moral』です。

世界は『律』や『令』といった法で人々を縛ろうとする傾向が強い中、日本人は自身のモラル=道徳心で行動できる人が多いというのは、震災やサワニパンデミクスなどの有事の際に証明されてきましたよね。

これらは、昨今の混沌とした世界情勢を私なりに俯瞰して見ている中での主観的一意見に過ぎないかもしれません。

そう。
道徳とはあなたの主観が地球とWIN-WINな関係を築けるかという、あくまでの主観的な考察でしかありません。

それを学問として学ぶことの賛否は認識しておいていただきたいですが、学問以外で学ぶ場がないのも現代日本の汚点だとは考えられます。

ですから、どういった思考を元にした世界道徳が正しいのかを決めるのは、あなた自身です。このブログは、必ずそういう前提で読み進めるよう心掛けてください。

道徳とはあなた自身の言動が全てです

最初に、私が思うこととして、日本は驚くほど特定の宗教との癒着がありません。
例えばキリスト教徒が有事に『Oh my god』と言うように、日本人が『神様、どうか』というシーンはあまりイメージできませんよね。

日本は八百万の神信仰であり、仏教やキリスト教などがいい具合にミックスされた、ある意味宗教中立国なのかもしれません。

だからそれぞれの宗教や国家の法を、自分たちの都合がいいようにアレンジして適用してきました。
しかもそれがごく自然な形で生活様式に馴染んで秩序を生み出している。

例えば、元日の朝、氏神様へ参拝するのを国家や宗教が強要しませんよね?

例えば、朝の通勤電車。電車が定刻に駅に到着するのが当たり前という認識の国自体が稀です。例え遅れたとしても、目くじらを立てて怒り散らす人も稀。
誰も何も言わないのに、プラットフォームで2列に並んで耐えるようにじっと待ち、電車の中の人が降りてから、前の人から順番に押さずに乗る。
電車の中ではあまりしゃべらず、スペースを譲り合う。

これを規制なしに個人の判断でできる人々が住んでいる国が島国・日本です。

どうですか?日本は世界で評価されているより割と凄い(笑)
こんなことができる国は世界中を探してもあまりないのではないでしょうか?

もちろんそれが全ていい要素ばかりだとは言えません。
第二次世界大戦の敗戦国として他国からの干渉もあり、日本人の多くは自己否定心が強いというデータも出ていること。
昨今は経済格差や様々なメディア洗脳の影響で、こういった良い秩序が乱れつつあるのも事実です。

ですからあえて日本の道徳教育が優れているとは胸を張って言えるものではありません。
しかし逆に考えれば、日本人の自己否定心は、人間の弱さを自分のことのように置き換えて考えることができる可能性を大いに秘めているようにも思えます。

ひとりひとりが一人の人間に立ち返ることができるのであれば、それは案外たやすいのかもしれませんが、我々大人世代が気付くのが非常に遅かった。

電車でお年寄りや妊婦さん、体がしんどそうな人へ席を譲れる人が少なくなったのも事実です。

さて、誇り高き(と自尊している)日本人は、道徳心を取り戻せるのでしょうか?

ブログの目的

このブログの目的は、日本の道徳についての追求と、2020年以降の『Global Moral』を、読者の皆様と一丸となって作り上げていくものです。

決して匿名での誹謗中傷・ネガティブな意見はせず、前向きに世界秩序の形成について話し合っていきましょう。

私は襟を正し正々堂々と対面した人の意見しか聞きません。
なぜなら自信が相当なリスクを負って情報を発信しているからです。

全ての垣根を超えた地球人が、平等に快適に過ごせる世界のために。

※匿名で誹謗中傷コメントをされる方は、法的措置を取った上でIPを割り出し損害賠償を求める場合があります。

※あなたの個人情報や思想がネット上にさらされていることをお忘れなく、道徳心ある言動をお願いいたします。

無料コンテンツプレゼント

無料配信メルマガでは、ブログをはじめとしたWEBマーケティングに関する情報を配信しています。

今メルマガに登録いただくと、無料でブログを学べる超貴重コンテンツをプレゼント!

≫≫ 今すぐ申し込む ≫≫